お知らせ
トップページ > お知らせ > 第60回染色補正技術競技会 京友禅協同組合連合会長賞受賞

第60回染色補正技術競技会 京友禅協同組合連合会長賞受賞

2020.12.23

今回初めて京都で行われている染色補正技術競技会に参加させて頂きました。
染色補正士の仕事は、手を加えたことがわからないようにする仕事で、結果が後に残りません。
この競技会は、そのような技術を生かして見える形にした課題や作品作りで競います。

課題は三つ。
【紋消し】紋の丸を元の地色と同じように復元する課題です。
【自由抜染】染色された生地を白く抜く「抜染法」を用いて絵を描いたように見せる課題です。
【規定抜染】決められた図柄を脱色する課題です。
今回は時間が無く、自由抜染と規定抜染の2つに参加しました。
自由抜染は初めての経験で試行錯誤しながらでしたが、とても楽しく行うことができました。

自由抜染出品作品

自由抜染出品作品

規定抜染は、仕事で紋を抜くことはやっているのですが、今回はとても大きい範囲を抜くので、難易度の高い作業でした。この規定抜染では、京友禅協同組合連合会長賞を受賞することができました。

 

規定抜染

規定抜染

自由抜染の方は残念ながら入賞はできませんでしたが、
2つの課題共もっと出来たという思いがあるので来年も参加させて頂きたいと思います。

第60回染色補正士競技会の詳しい様子はこちらをご覧ください。

https://kyotomonodukuri.com/60thsenshokuhoseiginokyogikai/