事例紹介
トップページ > 事例紹介

着物の襟の変色

2021.08.26

着物の襟の変色before

着物の襟の変色after


古くなったシミで諦めていたとよくお客様から言われます。
古いシミでも作業は難しくなりますが、なおせる物がほとんどです。
お気軽にご相談いただければと思います。

色ヤケ

2021.08.26

色ヤケbefore

色ヤケafter


こちらの着物は部分的にヤケて色がぬけてしまっている物です。
難しい作業ですが、なんとかきれいすることができました。

車のシートカバー

2021.08.26

車のシートカバーbefore

車のシートカバーafter


こちらは車のシートに汚れがついてしまったとの事でお持ちいただきました。
着物はもちろんですが、洋服 小物以外でも 当店にお持ちいただける物であれば出来る限り対応したいと思うので お気軽ご相談いただければと思います。

金加工

2021.08.26

金加工before

金加工after


こちらは経年劣化でとれてしまった金をきれいにしました。
金はどうしても時間とともにとれてしまうことがありますが
なおすこともできます。
ご相談いただければと思います。

子供の羽織の古いしみ

2021.05.10

こちらはだいぶ年季のはいったしみです。

子供の羽織の古いしみbefore①

子供の羽織の古いしみbefore①

子供の羽織の古いしみbefore②

子供の羽織の古いしみbefore②


出来るだけしみを取って色補正していきます。
金加工の修正などもあり時間がかかりましたがきれいにすることができました。

子供の羽織の古いしみafter

子供の羽織の古いしみafter

穴が空いてしまった着物

2021.05.10

こちらは焦げて穴が空いてしまった所があります。

穴が空いてしまった着物before

穴が空いてしまった着物before

まず穴の空いた所に生地をあてて穴を塞ぎます。
それから色を合わせて同じ色に補正していきます。
柄がなくなっている所は柄を書き、最後に焦げている所を直して完成です。

穴が空いてしまった着物after①

穴が空いてしまった着物after①

穴が空いてしまった着物after②

穴が空いてしまった着物after②

色やけ

2020.12.02

この着物は、長い時間日の当たるところに置いてあったせいで、見事にヤケて色が抜けてしまったものです。
最初はボカシの柄かなと思う位見事に抜けています。範囲も広く色が白に近いくらいしっかり抜けてしまっているので、気の遠くなるような作業になります。

色やけbefore 1

色やけbefore 1

色やけbefore 2

色やけbefore 2

時間もかかり、何回も何回も上から色をかけ、なんとかきれいにすることが出来ました。
永くタンスにしまいっぱなしの着物は、湿気がたまりカビの原因になりますので、気が付いたときにには陰干しで湿気を逃がしてやることが出来ます。
ただ、日の当たる所ではこのようにヤケて色が抜けてしまうので乾燥しているところに陰干ししてあげると着物をきれいに保つことが出来ます。

色やけafter 1

色やけafter 1

色やけafter 2

色やけafter 2

カビによる変色

2020.12.02

カビによる変色before

カビによる変色before

カビによる変色after

カビによる変色after

こちらの着物は、カビで全体が黄色いプツプツに変色してしまった物です。
どうしても湿気がたまったまま保管しておくと、このようなカビが悪さをしてしまいます。
ここまで変色してしまうと洗うだけでは取ることが出来ず、カビの箇所1粒1粒時間をかけて抜いていかなければならず、作業にも手間がかかりましたが、きれいにすることが出来、お客様から喜ばれました。

デニムのバッグの色修正

2020.10.02

デニムのバッグの色修正before

デニムのバッグの色修正before

デニムのバッグの色修正after

デニムのバッグの色修正after


このバッグは、使用してるうちに色が落ちてしまった物です
デニム特有の色落ちですが お客様ができれば新品の時の色にならないか?との事でお預かりしました。
どうしても色の薄い所、濃いところがあり一色ではきれいに仕上がらないので、
薄い所には濃い色、濃い色には薄い色と何色も分けて色をかけました。
とても時間がかかりましたがお客様から喜んでいただきました。

巾出しの為の柄書き

2020.07.28

柄書き①before

柄書き①before

柄書き①after

柄書き①after


こちらの着物は、仕立て直しで巾を出そうとしたところ、今まで縫い代になっていた所に柄がなく、ぎりぎりまで巾出ししたいとの事で柄を書きました。
金加工が多く、経年変化で金の色が変わっていて、金を合わせるのが難しく、範囲も広く時間がかかりましたが、お客様に喜んでいただけました。

柄書き②before

柄書き②before

柄書き②after

柄書き②after