事例紹介
トップページ > 事例紹介 > カテゴリー: 金加工
金加工 の事例一覧

金加工

2022.06.28

金加工before

金加工after


こちらの着物は金が黒ずんでしまった物です。
お客様から直してほしいのでですがあんまりキラキラした金にはしたくないとの事だったので
金の色を調節して全体的に柔らかい感じになるように仕上げました。

 

胡粉直しと金加工

2022.03.02

胡粉直しと金加工before

こちらの着物は鶴にカビの影響で黄色に変色してしまったものです。
とれるだけシミをとって白い色(胡粉)をかけました。

胡粉直しと金加工after①

あと、お客様からのご要望で赤い部分がとても目立つのでなんとかしてほしいとのことだったので、全体的に金を散らせて赤色を和らげました。

胡粉直しと金加工after②

金加工

2022.03.02

金加工before

金加工after


こちらの着物はカビの影響で金が取れてしまっています。
とても細かい柄だったので難しかったですがきれいになりました。

金加工

2022.03.02

金加工before

金加工after


こちらの着物は洗い張りをしたところ、金が全部取れてしまったとのことで金加工の依頼です。
金加工はそんなにかんたんに取れるものではないのですが、中には取れやすいものもあります。
着物を洗うだけでもきちんとした着物の知識と経験が無いと判断が難しいことがたくさんあります。
着物のお手入れは出来るだけ専門の所でメンテナンスすることをおすすめします。

金加工

2021.11.24

金加工before

金加工before

金加工after

金加工after


こちらの着物はカビが原因で 金が変色してしまってます。
細かい作業で全体に直したので大変でした。
きれいになってよかったです。

金加工

2021.08.26

金加工before

金加工after


こちらは経年劣化でとれてしまった金をきれいにしました。
金はどうしても時間とともにとれてしまうことがありますが
なおすこともできます。
ご相談いただければと思います。

子供の羽織の古いしみ

2021.05.10

こちらはだいぶ年季のはいったしみです。

子供の羽織の古いしみbefore①

子供の羽織の古いしみbefore①

子供の羽織の古いしみbefore②

子供の羽織の古いしみbefore②


出来るだけしみを取って色補正していきます。
金加工の修正などもあり時間がかかりましたがきれいにすることができました。

子供の羽織の古いしみafter

子供の羽織の古いしみafter

金加工

2019.11.25

金加工before

金加工before

金加工after

金加工after

こちらの着物は金が取れてしまったとの事で金加工を施しました。
このような柄が着物全体にあり、なおすのもとても時間がかかりましたが、きれいにすることができました。

留袖の金加工

2019.08.30

留袖の金加工before

留袖の金加工before

留袖の金加工after

留袖の金加工after

これは留袖に付いていた金がとれてしまった物です。
金加工は生地の上に金がのりで付いている為、とれやすかったり、時間と共にのりの粘着が弱くなってはがれやすくなります。
こちらも金がとれて下ののりの所がオレンジ色になってしまっています。柄に合わせて型を作り、金を付けていきます。とても時間のかかる作業になりますが、きれいにすることができました。

カビによる金の変色

2018.12.22

カビによる金の変色before

カビによる金の変色before

カビによる金の変色after

カビによる金の変色after

こちらの着物は、カビのせいで全体に黄色のブツブツが出てしまっています。
特に金加工のところは金がとれてオレンジ色のなってしまい、とれた金を修復するのですが柄も細かく着物全体にあるので、とても難しく時間がかかりました。
絹の場合、保管する時は虫食いの対策よりまず湿気ができるだけ溜まらないようにするのが、永くきれいな状態を保つために、とても大切になります。