事例紹介
トップページ > 事例紹介 > アーカイブ:
アーカイブ:

2022.06.28

紋の形に色を抜いて 墨で上から線を描きます
全てが上手くいかないときれいな紋にならないのでとても難しい技術になります。

紋1

紋2

紋3

 

古く変色したシミ

2022.06.28

古く変色したシミbefore

古く変色したシミafter


こちらの着物は袖に飴を入れたまま何年も仕舞ってしまい 数年ぶりに広げてみたところこのようになってしまったとの事でした。
袖だけではなく身頃の方まで変色してしまっていました。
どうしても少し残ってしまいましたがなんとか着る事が出来る所まできれいにすることができました。

金加工

2022.06.28

金加工before

金加工after


こちらの着物は金が黒ずんでしまった物です。
お客様から直してほしいのでですがあんまりキラキラした金にはしたくないとの事だったので
金の色を調節して全体的に柔らかい感じになるように仕上げました。

 

胡粉直しと金加工

2022.03.02

胡粉直しと金加工before

こちらの着物は鶴にカビの影響で黄色に変色してしまったものです。
とれるだけシミをとって白い色(胡粉)をかけました。

胡粉直しと金加工after①

あと、お客様からのご要望で赤い部分がとても目立つのでなんとかしてほしいとのことだったので、全体的に金を散らせて赤色を和らげました。

胡粉直しと金加工after②

金加工

2022.03.02

金加工before

金加工after


こちらの着物はカビの影響で金が取れてしまっています。
とても細かい柄だったので難しかったですがきれいになりました。

金加工

2022.03.02

金加工before

金加工after


こちらの着物は洗い張りをしたところ、金が全部取れてしまったとのことで金加工の依頼です。
金加工はそんなにかんたんに取れるものではないのですが、中には取れやすいものもあります。
着物を洗うだけでもきちんとした着物の知識と経験が無いと判断が難しいことがたくさんあります。
着物のお手入れは出来るだけ専門の所でメンテナンスすることをおすすめします。

襟の色ヤケ

2022.03.02

襟の色ヤケbefore

襟の色ヤケafter


こちらの着物は襟の部分の色が日に焼けていろがぬけ白くなってしまっています。
湿気を逃してあげるために陰干しをおすすめしますが、日に長い時間当たってしまうと色が焼けてしまうので注意が必要です。

カビによる変色

2022.03.02

カビによる変色before

カビによる変色after


こちらの着物はカビ影響で白い部分(胡粉)が黄色に変色しています。
出来るだけシミを取り新しく胡粉をかけてあげることできれいになりました。

紋抜き

2021.11.24

紋抜きbefore

紋抜きbefore

紋抜きafter

紋抜きafter


紋の形に色を抜きます。
この後、紋屋さんで上絵を描いて完成になります。
紋屋さんが出来るだけやりやすいように形が崩れないように慎重に抜いていきます。

金加工

2021.11.24

金加工before

金加工before

金加工after

金加工after


こちらの着物はカビが原因で 金が変色してしまってます。
細かい作業で全体に直したので大変でした。
きれいになってよかったです。